ワンダーランドトップページ

お知らせ

うつむき、小声で「私の車です」

1126_medium ▼先日深夜、別府署に中年男性から「車が盗まれた」と通報があった。事情を聴くと、所用のため市内の住宅街の駐車場に車を止めていたが、戻ったら車がなかったという。しかし電話の口調から、男性はかなり酔っている様子がうかがえたので、署員が現場に行き車を止めていたという駐車場を捜索。すぐに男性の車と同じナンバーの車を発見した。「これ、あなたの車でしょう?」と署員が尋ねると、男性は下を向いて小さな声で「…そうです」。酔っていたため自分の車が分からなかったらしい。酒を飲んでいるので運転ができず、男性はバツが悪そうに、車を残してその場を後にした。
1997年02月18日掲載 (2017年03月16日投稿)

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社