ワンダーランドトップページ

小さくヨレヨレ“ニセ札”!?

1162_medium ▼「普通より小さい千円札が見つかりました。ニセ札では?」。先日、久住町内の観光施設から竹田署に通報があった。署員が現地に行って確認すると、問題の札はヨレヨレで横が“本物”に比べて5㍉ほど短い。さらに、使った客が発した言葉は「アイスクリーム ワン」とただ一言。「外国の組織によるニセ札事件か」と緊張が走った。だが、よく調べると印刷の状態や紙の質、透かしなどはどう見ても本物としか見えない。偽造防止に印刷されている極小文字をルーペで確認した結果、「洗濯して縮んだのだろう」という推論に行きついた。翌日、銀行の鑑定で真券と分かり、署員たちは「ホッ!」。
1997年04月24日掲載 (2017年05月09日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社