ワンダーランドトップページ

敵もサル者いたずら続発 1136_medium ▼最近、狭間町鬼瀬付近でサルが一匹現れ、付近を荒らしている。畑のかぼちゃが盗まれ、登下校の小学生が木の下を通るとき、樹上でキャッキャッと騒いで驚かすようなこともある。先日の夜は、机で勉強していた中学生が、窓の外が騒がしくドロボウか?と思ったところ、いたずらのサル。大分南署にも何者かが侵入したとの通報があり、現場に出向くと犯人はサルだった-というケースが最近数件。高崎山から来たとされるサルが、署員を悩ませている。
2017年03月31日掲載 (2017年03月31日投稿)
男児救出まるでスーパーマン 1135_medium ▼先日、大分市の大分城址公園のお堀そばの道路で、母親と2人の子どもがコイや白鳥を見ていたが、母親が目を離したすきに3歳の男の子がさくの間から転がり、お堀の中にポッチャンと落ちた。と、その時、向かいの市役所からたまたま出てきた大分市内の会社員男性が服を着たまま、お堀の中にドボンと飛び込んだ。お堀は男性の胸ぐらいまでの深さだったが、男の子の口から水を吐かせて無事救出。男性はずぶぬれになり、ついでに携帯電話をお堀に落としてしまったが、母親から感謝を受け、まんざらでもなかった様子。「風邪をひいて病院に行くといっていたのに、偉い」と男性の同僚。
1997年03月06日掲載 (2017年03月30日投稿)
“抗議電話”まで酒気帯びとは… 1134_medium ▼先日、別府署に「なんで運転免許が取り消しになったんか」と中年男性から“抗議”の電話があった。署員が事情を聴いて調べると、男性は酒気帯び運転を繰り返したことから、免許取り消し処分になっていることが分かった。男性は酒に酔っているらしく、署員が理由を説明して電話を切っても、またすぐに電話をかけてくる始末。結局、2時間で10回以上も電話をかけてきた他、県警本部にも同様の電話。そのうち舌が回らなくなったのを最後に“抗議”も終了。「電話をかけてくるときまで酔っているとは。よほど酒が好きなのか…」と署員もあきれ顔。
1997年03月05日掲載 (2017年03月29日投稿)
“恐怖”女子高生に狩られる!? 1133_medium ▼大分市の会社員男性は先日、スーパーでエレベーターに乗り、7階まで行こうとしたところ、降りようとした2人の女子高校生が「このまま下まで行こう」と地階のボタンを押した。しかし、時すでに遅く、エレベーターは“上昇”に切り替わっていた。登り始めた途端、女子高校生の声が男性の耳に入った。「このオイサンが7階を押したけん悪いんで。原因はこのオイサンや」。男性は「面白いことを言う連中だ」と思いながら聞いていたが、次の言葉にあ然としてしまった。「近ごろオヤジ狩りがはやるのも分かる気がするわぁ」。男性は“狩られる恐怖”におびえながら? ドアが開くと同時にエレベーターから飛び出したそうだ。
1997年03月04日掲載 (2017年03月28日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社