ワンダーランドトップページ

白熱の戦い、でも周囲はプププッ 12_medium ▼先日、大分市内の飲食店で開かれた腕相撲大会での出来事。パワー自慢の男たちが全力でぶつかる白熱の戦いの数々に、観戦者は興奮していた。すると、選手の1人がTシャツのそでをまくり上げて登場。気合十分で構えたそのとき、腕にマジックで書いてある文字に観客たちは気づいた。「剛碗」。アレ、何か違うぞ。「腕」とすべき部分が茶碗の「碗」になっていた。すごい試合なのに、観客の間で笑いが巻き起こったことは言うまでもない。

【投稿者】大分県 バズソイヤー
このミニ事件は星いくつ? 
  7
2012年11月21日公開
厚かましいおばちゃん Gray ▼以前仕事で県北に出張した際、郊外の銀行に現金を引き出すためATMコーナーに向かった。人は誰もいなく財布からカードを出そうとしていたら突然後ろから中年の女性が前に割り込んできて通帳記入を始めた。驚いて隣のATMに移ったらまた割り込んできて別の通帳を差し込んだ。あまりの態度に怒りがこみ上げてきて「何をするんか!」と言ったら平然とこちらを睨みつけて「両方使った方が早いでしょ」と言った。頭に血がのぼって次に出す言葉を失った。そのおばさんが何事もなかったように自動ドアから出て行く姿を呆然と眺めているしかなかった。

【投稿者】大分県 はまちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2012年11月21日公開
穴を開けた真犯人は・・・。 6_medium ▼先日の朝、朝刊を玄関先に取りにいった玖珠町の70代の主婦。新聞にいつもとは違う異変に気づいた。どう見てもパンチで開けた様な穴が開いているではないか。「さては新聞配達員のイタズラか。」早速プレスセンターに電話をかけた。担当者が来て新聞を確認してみたが「まさか、そんな事をするはずがない!」。疑いを晴らすべく明朝現場へ。新聞を入れる自転車の篭の中にはカタツムリの入ったケースが。その蓋には穴が開いており、昨日の新聞の開いた穴に合わせると寸分違わず一致した。新聞を食べた真犯人はカタツムリだった。孫の帰郷に合わせ旦那さんが飼っていたらしい。「ニュースに興味のあるカタツムリとは、関心関心。」と旦那さん。

【投稿者】大分県 オレの枕は五合瓶
このミニ事件は星いくつ? 
  14
2012年11月21日公開
勘違い 4_medium ▼知り合いの医師から聞いた話です。ある日診療所に高齢の女性が風邪を引いたと訪れた。先生が「婆ちゃん舌を出して」と言ったら、恥ずかしそうに顔を赤らめモジモジした。どうした?と聞いたら「実は昨日からまだ風呂に入っていないので」と言った。よく聞いたら婆ちゃんは舌を下と勘違いして下半身と思ったらしい。

【投稿者】大分県 はまちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  40
2012年11月21日公開

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社