ワンダーランドトップページ

お知らせ

「言葉が駄目なら行動あるのみ」

1143_medium ▼先日、別府市消防署の消防署員が市内の駐車場に車を止め、自動販売機で飲み物を買っていると、米国から来たという4人家族に道を尋ねられた。ホテルに行きたいらしい。片言の英語で道のりを説明するが伝わらない。悩んだ揚げ句、「カモン」と車に乗せ、送り届けた。数日後、消防署で自分の車に乗り込もうとしたところ、今度は中国人の男性から中国語で声を掛けられた。地図を持っており、ジェスチャーで病院に行きたいことが分かった。片言の英語で説明するが伝わらず結局、車で送った。「言葉が駄目なら行動あるのみ。でもスマートフォンの翻訳アプリを使えば送らずに済んだかな」と苦笑いの署員。
2017年03月13日投稿

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社