ワンダーランドトップページ

ズボン新調、コルセットのせい? 1156_medium ▼ある県警幹部は先日、持病の腰痛の負担を軽減するためにコルセットを購入した。痛みはいくらか軽くなったが問題が起きた。それは、コルセットの厚みでズボンが入らなくなってしまったこと。仕方ないので、サイズの大きいズボンを数本購入することにした。「ズボンが入らなくなったのは腰の痛みで運動ができなかったことも原因。治ったら体を動かさなければ」と県警幹部。
2017年03月31日掲載
乾燥する時季は特に火の用心! 1155_medium ▼先日、大分市内のスクラップ工場から煙が出ているのに気付いた近くの住民から119番通報があった。市中央消防署員らが現場に急行したが、工場の従業員が消火器を使って消火活動をし、約10分後に消し止めていた。同署によると、軽トラックの解体作業中に発生した火花が、車のシート部分に燃え移ったという。「すぐに気付き、大事に至らなくて良かった。空気が乾燥する日が続いているので、火の取り扱いには細心の注意を」と消防署員。
2017年03月30日掲載
偶然が重なった奇跡の救命劇 1154_medium ▼先日、中津市消防署耶馬渓分署の中堅消防署員2人が同市山国町内の温浴施設に消防設備の点検に訪れた時のこと。店内に入ろうとすると、目の前を歩く60代男性が突然気を失って倒れた。心肺停止状態だったため、1人の消防署員が119番通報。もう1人の救急救命士がAED(自動体外式除細動器)を使って急いで処置した。他の利用客が心配そうに見守る中、男性の呼吸は回復。その後、市内の病院に入院したが、幸いにも後遺症はないという。「命を救えて何より」と2人。報告を受けた幹部は「救急救命士が居合わせるなんて男性も運が良かった」と胸をなで下ろした。
2017年03月29日掲載
情けなくも懐かしい、引っ越し作業 1153_medium ▼県警は27日に異動が発令され、新体制がスタートした。異動に伴う引っ越しは春の風物詩。先日、大分南署のベテラン署員は同期や部下ら数人で、異動が決まった後輩署員の引っ越しを手伝った。久しぶりだったのでベテランが率先して作業したが、張り切りすぎたのか早めにダウン。「最近は業者の単身パックを利用する署員も多い。くたびれたけど、仲間同士で作業するのは懐かしかったよ」とベテラン署員。
2017年03月28日掲載

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社